常任委員のつぶやき

常任委員のつぶやき

図書室

 
梅雨入りしてから1か月。雨の降る休日は、皆さまどのようにお過ごしですか?
最近、仕事で調べ物が多く、地元のみならず隣の市の図書館にも出没しています。特に資料が揃った中央図書館は、どこも蔵書数もさることながら、閲覧席やレファレンスサービスが充実していますね。
 
40年以上も昔の話ですが、私の中学受験の際も三輪田の図書室の充実は、志望校選定の決定打になりました。施設だけでなく、「図書の時間」があり、他の教科同様、カリキュラムにしっかりと組み込まれていました。系統だった読み方をするようになったのも、司書の先生のご指導のおかげだと今になって改めて感謝しています。部屋の中に「つんどく」も何冊かありますが、忙しくても暇を見つけては本を手に取るようにしています。

昨年の学校案内は、本をモチーフにしたもので、「あぁ、三輪田らしいな」と思いました。本を広げた形は、まるで羽を広げた鳥のようですね。ページをめくる私たちを過去や未来、遠い外国やおとぎの国にいざなってくれます。
 
昨年の春の中学入学式に三輪田グッズ販売をした際、校舎の2階の踊り場で懐かしい大机を見つけました。
向かい合った四人掛け、仕切りにすりガラス入り。
懐かしく思った方は、同年代の皆さまでしょうか?
そう、以前の図書室の自習コーナーにあったあの机です。
新校舎・新図書室が出来ても、ここでひっそりと余生を送っていました。



今度、学校へいらした際は、ぜひご自身でご確認ください。
思わず腰かけて、本が読みたくなりますよ! (K/T)
 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。
(卒業生の方は名前の前に卒業回数をご記入下さい。)
※管理者が承認するまでコメントは表示されません。